指揮者

神尾 昇

香川県小豆島生まれ。
6歳よりピアノ、作曲をはじめる。

高校2年次より声楽をはじめ、東京藝術大学音楽学部声楽科に入学、卒業後同大学指揮科に再入学、首席で卒業。

声楽を鈴木寛一、曽我淑人、前田朋紀氏に、指揮を佐藤功太郎、高階正光各氏に師事。レパートリーは多くの管弦楽曲を持つ傍ら、オペラ、オペレッタ、ミュージカル、合唱曲などもてがける。
アマチュアの指導にも積極的で、これまでに多くの団体の指導、演奏会の指揮を行っている。
LIP-OPERA,愛媛県民オペラ、芸大オペラプロジェクト、オペラ徳島の指揮者を歴任、オペラの演出や声楽家としても積極的な演奏活動を行っている。

2005年の「第一回ベラ・バルトーク国際オペラ指揮者コンクール」において審査員特別賞を受賞。
受賞者披露のガラコンサート「カルメン」で第四幕を指揮、コンクールの最後を飾り、その模様はルーマニア国営放送で放送された。

指揮者 神尾昇の一言(ブログ)








ピアニスト

赤塚伸子

東京都出身。
桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻を卒業後渡伊。
イタリア国立ローマ・サンタ・チェチリア音楽アカデミー卒業。
7年間の滞在中、国営放送RAIへのテレビ出演他、各地で演奏活動を行う。
カタンザーロ国際ピアノコンクール2位(1位なし)。

徳丸総子、故大島正泰、故リア・デ・バルベリース各氏に師事。
声楽・管楽器・合唱伴奏者として活躍中。




inserted by FC2 system